13日、アイルランドのカラ競馬場で行われたヴィンセントオブライエンナショナルS(2歳・G1・芝1400m・10頭)は、好位で進めたD.マクドノー騎手騎乗のサンダームーン(牡2、愛・J.オブライエン厩舎)が、やや窮屈になるところもあったがラスト200mから一気に脚を伸ばして抜け出し、最後はウェンブリー(牡2、愛・A.オブライエン厩舎)に1.1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分28秒53(良)。

 短頭差の3着にはセントマークスバシリカ(牡2、愛・A.オブライエン厩舎)が入った。人気のマスターオブザシーズ(牡2、英・C.アップルビー厩舎)は4着、ラッキーヴェガ(牡2、愛・J.ハリントン夫人厩舎)は5着。

 サンダームーンは父Zoffany、母Small Sacrifice、その父Sadler's Wellsという血統。8月のデビュー先に続く連勝でG1初制覇を果たした。