10月7日に大井競馬場で行われる東京盃(3歳上・JpnII・ダ1200m)の選定馬が、22日に発表された。

 JRA所属馬は、昨年に続き藤田菜七子騎手とのコンビで連覇を目指すコパノキッキング、前走クラスターCを日本レコードで制したマテラスカイ、昨年のJBCレディスクラシック覇者ヤマニンアンプリメなど、5頭が選定馬に。

 地方所属馬は、昨年のJBCスプリント覇者ブルドッグボス、前走アフター5スター賞で上位のサブノジュニア、キャンドルグラス、ブロンディーヴァなど、11頭が選定馬となった。

※左から馬名、性齢、所属厩舎、騎乗予定騎手。馬名は五十音順。

【JRA所属選定馬・5頭】
コパノキッキング(セ5、栗東・村山明厩舎、藤田菜七子騎手)
ジャスティン(牡4、栗東・矢作芳人厩舎、未定)
マテラスカイ(牡6、栗東・森秀行厩舎、未定)
ヤマニンアンプリメ(牝6、栗東・長谷川浩大厩舎、川田将雅騎手)
ラプタス(セ4、栗東・松永昌博厩舎、未定)

【南関東所属馬・9頭】
騎手はいずれも未定
サブノジュニア(牡6、大井・堀千亜樹厩舎)
カプリフレイバー(牡3、船橋・稲益貴弘厩舎)
キャンドルグラス(牡6、船橋・川島正一厩舎)
クルセイズスピリツ(牡5、大井・荒井朋弘厩舎)
サイタスリーレッド(牡7、大井・佐宗応和厩舎)
トロヴァオ(牡7、大井・荒山勝徳厩舎)
ブルドッグボス(牡8、浦和・小久保智厩舎)
ブロンディーヴァ(牝3、川崎・内田勝義厩舎)
ライクアロケット(セ5、船橋・張田京厩舎)

【他地区所属馬・2頭】
騎手はいずれも未定
ジョウラン(牡4、門別・田中淳司厩舎)
ナムラムート(牡6、園田・橋本忠明厩舎)

(TCK特別区競馬組合のリリースより)