左前脚の蟻洞(蹄壁内部に空洞が生じる蹄疾患)のため、療養していたウインブライト(牡6、美浦・畠山吉宏厩舎)は、11月1日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(GI・芝2000m)での復帰を目指すことがわかった。

 現在は北海道新冠町のコスモヴューファームで調整中で、来週には美浦トレセンへ帰厩予定とのこと。所属するウインレーシングクラブのホームページで25日、発表された。

 ウインブライトは父ステイゴールド、母サマーエタニティ、その父アドマイヤコジーンという血統。昨年のクイーンエリザベス2世C(香G1)、香港C(香G1)の覇者で、通算成績は22戦9勝(うち海外2戦2勝)。