10月1日に騎手免許を取得する井上瑛太騎手が10月3日にデビューすることを30日、高知けいばが発表した。初騎乗は第1競走(14時55分発走予定)のトーセンチェロキー(牡4、細川忠義厩舎)を予定している。

 また、第4競走のパドックでは、高知けいばの厩務員である井上騎手の祖父が井上騎手騎乗馬の曳き馬を担当。当日は第6競走確定後(17時40分ごろ)、スタンド前ステージにおいて井上瑛太騎手の紹介式を行う。

【井上瑛太(いのうええいた)騎手プロフィール】
出身地:高知県高知市
生年月日:2003年2月28日(17歳)
騎手を目指したきっかけ:高知けいばで厩務員をしている祖父の担当馬のメイショウパーシーが建依別賞(2016年)を勝ち、騎乗していた宮川実騎手のガッツポーズを目の当たりにして衝撃を受け、騎手になることを決意しました。
目指す騎手:宮川実騎手
趣味や特技:特技はサッカーです