netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がったスプリンターズSの「ゴールデンコンビ」はこちら。

【昆貢厩舎×古川吉洋騎手(ライトオンキュー)】

「昆貢厩舎×古川吉洋騎手」の「直近5年」成績は27-35-15-124で複勝率38.3%、複勝回収率128.5%。ベタ買いでもプラスという素晴らしい数字が残っている。「直近1年」に絞ると8-11-4-25で複勝率47.9%、複勝回収率170.6%とさらに成績がアップ。5割近い好走率となっており、よく馬券に絡む上に儲かるという、馬券で狙うには理想的な状況だ。直近1年での8勝のうち1番人気は2回だけ、7番人気以下での勝利が2回含まれており、人気になりにくいのが特徴だ。

 ライトオンキューに古川吉洋騎手は過去10回騎乗して5-2-0-3。500万下クラスで連敗中だった同馬に乗り替わると、僅か4戦でオープンへと導き、その後、京阪杯も制している。前走のキーンランドCもしっかりと2着を確保。安定感は抜群だ。相手強化となるここは手頃な人気にとどまりそうだが、今の時計を要する馬場は合っている。大駆けに期待したい。