4日、盛岡競馬場で行われた第33回ダービーグランプリ(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金1500万円)は、好位でレースを進めた高松亮騎手騎乗の3番人気フレッチャビアンカ(牡3、岩手・千葉幸喜厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の1番人気ティーズダンク(牡3、浦和・水野貴史厩舎)に4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒7(良)。

 さらに1馬身差の3着は5番人気ピアノマン(牡3、岩手・斉藤雄一厩舎)と6番人気グランコージー(牡3、岩手・櫻田康二厩舎)の同着となった。

 なお、2番人気コパノリッチマン(牡3、北海道・田中淳司厩舎)は5着に終わった。

 勝ったフレッチャビアンカは、父キンシャサノキセキ、母スイートスズラン、その父シンボリクリスエスという血統。東北優駿、不来方賞に続く重賞3連勝を飾った。通算成績はこれで15戦6勝(重賞4勝)。