キングストンボーイに注目したい。デビュー2連勝で重賞勝利なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/10(土) サウジアラビアロイヤルC(2歳・GIII・東京芝1600m)

 キングストンボーイ(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)は2018年の皐月賞馬エポカドーロの半弟にあたるドゥラメンテ産駒。8月に札幌芝1800mでデビューし、クビ差の接戦をものにした。デビュー2連勝を決め、父に産駒の初重賞勝利を届けることができるか。鞍上はC.ルメール騎手。

 ステラヴェローチェ(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)は2007年の朝日杯FSを制したゴスホークケンの甥にあたるバゴ産駒。デビューは7月の阪神芝1600mで、二枚腰を発揮して押し切り勝ちを収めた。試金石となるこの2戦目も期待したい。

 その他、スイープトウショウの17歳下の半弟ピンクカメハメハ(牡2、栗東・森秀行厩舎)、新馬戦快勝のブラックスピネル半妹インフィナイト(牝2、栗東・音無秀孝厩舎)、野路菊Sで2着のダディーズビビッド(牡2、栗東・千田輝彦厩舎)、コスモス賞で3着のコスモアシュラ(牡2、美浦・中野栄治厩舎)、クローバー賞で3着のジャンカズマ(牡2、栗東・安田翔伍厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。