6日、大井競馬場で行われたJBC2歳優駿チャレンジ(2歳・ダ1800m・1着賞金350万円・7頭)は、3番手で進めた本橋孝太騎手騎乗の2番人気ランリョウオー(牡2、浦和・小久保智厩舎)がラスト300mほどで先頭に立つとそのまま独走態勢に入り、最後は3番人気グロリアスシティ(牡2、大井・荒山勝徳厩舎)に2.3秒の大差で優勝した。勝ちタイムは1分55秒9(良)。

 3馬身差の3着には6番人気トーセンダーウィン(牡2、大井・高野毅厩舎)が入った。1番人気ギルランディーナ(牝2、大井・渡辺和雄厩舎)は6着。

 ランリョウオーは父パイロ、母ファビラスタイム、その父シンボリクリスエスという血統。前走の9馬身差勝利に続き、57kgを背負った今回も圧勝で通算5戦4勝とした。