9月27日のオールカマー(GII)を熱発で回避したフィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)は、福永祐一騎手との新コンビで、11月1日に東京競馬場で行われる天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)へ向かうことがわかった。

 フィエールマンは父ディープインパクト、母リュヌドール、その父Green Tuneという血統。

 通算成績は10戦5勝。2018年の菊花賞、2019年・2020年の天皇賞・春と長距離GIで3勝をあげている。2000m戦への出走は2019年札幌記念(GII・3着)以来、4戦ぶりとなる。

 これまで同馬の主戦を務めたC.ルメール騎手は、天皇賞・秋ではアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)に騎乗する予定。



【関連記事】