12日、名古屋競馬場で行われた第31回秋の鞍(3歳・重賞・ダ1400m・1着賞金700万円)は、好位外目でレースを進めた吉原寛人騎手騎乗の3番人気ヴァケーション(牡3、川崎・高月賢一厩舎)が、4コーナーでやや膨れながらも脚を伸ばし、逃げ粘る1番人気ステラモナーク(牝3、兵庫・新子雅司厩舎)をゴール前で差し切って、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分29秒1(重)。

 さらに4馬身差の3着に9番人気ミステリーベルン(牝3、川崎・鈴木義久厩舎)が入った。なお、2番人気ニュータウンガール(牝3、笠松・井上孝彦厩舎)は6着に終わった。

 勝ったヴァケーションは、父エスポワールシチー、母テンノベニバラ、その父サッカーボーイという血統。昨年12月の全日本2歳優駿以来となる重賞3勝目を飾った。通算成績はこれで10戦5勝。