14日、川崎競馬場で行われた第19回鎌倉記念(2歳・重賞・ダ1500m・1着賞金1500万円)は、中団の前でレースを進めた本田正重騎手騎乗の3番人気リーチ(牡2、北海道・林和弘厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、最内を突いて伸びた6番人気セイカメテオポリス(牡2、大井・渡辺和雄厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒0(稍重)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ジョーロノ(牡2、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、1番人気ナジャ(牝2、川崎・高月賢一厩舎)は5着、2番人気ピースフラッグ(牡2、川崎・山崎尋美厩舎)は7着に終わった。

 勝ったリーチは、父グランプリボス、母スイートローレライ、その父Rahyという血統。地元のイノセントCに続く重賞連勝を飾った。