15日、川崎競馬場で行われたシャイニングフューチャー賞(2歳・ダ1500m・1着賞金300万円・8頭)は、先手を取った笹川翼騎手騎乗の1番人気サウスワールド(牡2、浦和・小久保智厩舎)が直線で抜け出し、2番手から追いすがった4番人気キャッスルヒーロー(牡2、船橋・米谷康秀厩舎)に2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分35秒7(重)。

 3馬身差の3着には2番人気ハーモニーレグルス(牡2、川崎・高月賢一厩舎)が入った。3番人気プリモパイソン(牡2、川崎・内田勝義厩舎)は5馬身差の4着だった。

 サウスワールドは父サウスヴィグラス、母パーカッショニスト、その父アグネスタキオンという血統。デビュー2戦目で挑んだ前走の重賞・ゴールドジュニアは3着となったが、単勝1.1倍に支持されたここを快勝、通算成績を3戦2勝とした。