優勝馬にはエリザベス女王杯への優先出走権が与えられるレースで、昨年はこのレース2番人気3着ラッキーライラックが本番で巻き返し、一昨年は2着リスグラシューがエリザベス女王杯を制している。17年優勝馬クロコスミアはエリザベス女王杯2着、16年クイーンズリングはこのレースを制した勢いそのままに戴冠を果たしている。

 その一方で、1〜3番人気馬は2勝2着5回3着7回。1番人気馬は1勝2着3回3着2回とやや苦戦傾向だ。また、過去10年間の優勝馬をローテーションで見てみると、最も多くの勝ち馬を出しているのはクイーンS組で3頭。勝ち馬に限れば、すべての馬が夏(6月の米子Sを含む)、ないし秋に1度以上競馬を使われている馬だった。

 今年は、登録段階から出走予定馬が少なく8頭立てとなったが、なかなかのメンバーとなった。

 単騎逃げが見込める◎トロワゼトワル。逃げ馬の宿命で思わぬ惨敗と背中合わせの馬だが、前走の京成杯AHはハナにこだわらない競馬でしっかりと前を捕まえたあたりに精神的な成長のあとがうかがえる。京成杯AHを2連覇のスピード馬で、春のヴィクトリアマイルでもアーモンドアイらを相手に直線で見せ場をつくり、今回のメンバーでは最先着を果たしている。今回、初めて経験する距離がポイントになりそうだが、母は芝1800m戦で2勝。ゆったり行ける分、粘りも増すのではないか。

 ○ラヴズオンリーユーは不敗のオークス馬。大きく崩れたのは高速決着となったヴィクトリアマイルくらいで、今春も競馬を使えなかったドバイ遠征帰り初戦の鳴尾記念も牡馬に交じってハナ差2着と気を吐いている。昨年は蹄不安でオークス以来の出走となって3着に敗れたエリザベス女王杯の雪辱を期すためにもめどを立てておきたい1戦だ。

 ▲ダノンファンタジーは、3歳春までの天才少女ぶりがすっかりと影をひそめてしまっているが、桜花賞と秋華賞で1番人気に支持されたほどの実力馬。3歳時には休み明けのローズSをレコードで制しているように、久々を苦にするタイプではないし、春のヴィクトリアマイルもアーモンドアイには離されたものの2着サウンドキアラとはコンマ2秒差。逃げたトロワゼトワルに半馬身及ばなかったのは不満だが、1ハロンの距離延長を味方に逆転を狙う。

 穴なら△シャドウディーヴァか。東京競馬場ではフローラS、東京新聞杯のともに2着がある。春シーズンは2桁着順が3回続いたもののクイーンSでは復調の兆しが見えた。ベストの舞台で逆転を狙う。