フェブラリーステークス以来、約8カ月ぶりの有観客GIとなった第25回秋華賞で、歴史が動いた。

 圧倒的1番人気の支持を得た松山弘平のデアリングタクトは、まずまずのスタートを切った。そのまま出たなりで進み、後方5、6番手で1、2コーナーを回って行く。

 向正面で馬群は12、3馬身の縦長に。デアリングタクトは、前半1000m手前で、じわっとポジションを上げた。

「少しゲートでうるさいところがあったのですが、上手に出てくれました。ポジションも思っていたとおりのところを取ることができて、流れに乗ることができました」と松山。

 3、4コーナーで外からさらに差を詰め、先頭を1、2馬身の射程にとらえて直線に向いた。松山はこう話す。

「力がある馬なので、最後はいいところを走らせようと思っていました。自分の馬が一番強いと信じていました」

 先頭は内のマルターズディオサ。馬場の真ん中から脚を伸ばすデアリングタクトは、ラスト300m地点で2番手となり、いつでも抜け出せる形になった。

 ラスト200mで力強く先頭に立ち、後続の追い上げを封じ、1馬身1/4差で勝利をおさめた。この瞬間、史上初の無敗の牝馬三冠馬が誕生した。

 鞍上の松山弘平は、左手で3本の指を空にかざし、喜びを表現した。

「体が大きくなって、いい成長をしてくれました。自分の馬が一番強いと信じていました。無敗の三冠ということで、正直、プレッシャーはあったのですが、こういう馬に出会うことができて幸せです。馬にはありがとう、おめでとうと言いたいです」

 上がり3ハロンはメンバー中2位タイの35秒8。キャリア5戦目にして初めてメンバー最速ではなくなったのは、勝ちに行く競馬をしようと早めに動いたからだ。

 後方一気の桜花賞、他馬に囲まれ前が壁になっても突き抜けたオークス、そして今回と、三冠それぞれで異なる強さを見せた。

 史上6頭目の牝馬三冠馬デアリングタクトが、次はどんな強さを見せてくれるのか。楽しみがさらにふくらんだ。

(文:島田明宏)