netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった菊花賞の「ゴールデンコンビ」はこちら。

【大久保龍志厩舎×和田竜二騎手(ディープボンド)】

 前走の神戸新聞杯でも推奨したが、再度「大久保龍志厩舎×和田竜二騎手」コンビを取り上げたい。

 同コンビの「直近1年」成績は3-3-3-12で複勝率42.9%、複勝回収率112.4%。9回馬券に絡んでいるが1番人気だったのは1回(20年8月の3歳未勝利・アドマイヤメジャーで3着)だけ。人気薄での激走が期待できるコンビだ。

「直近5年」では、13-11-11-67で複勝率34.3%、複勝回収率94.7%。直近5年で13勝は大久保龍志厩舎の騎手別成績トップの数字で、主戦としてしっかり結果を残し続けていることが窺える。「直近1年」で複勝率が上がっていることが示す通り、勝負度合いの高い馬に和田竜二騎手が騎乗するケースも増えているのだろう。

 和田竜二騎手はディープボンドで2-1-1-3という成績。とはいえ3度の着外にはダービー5着、神戸新聞杯4着が含まれており中身は濃い。差し決着となった神戸新聞杯で好位から4着に粘ったのは能力の証で、賞金が足りている組なのでトライアルを叩いての上積みも大きいだろう。対コントレイルの着差は1.4秒→0.9秒→0.5秒と確実に縮まってきており、適条件のここでさらに肉薄のシーンがあってもなんら不思議ではない。