netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった富士Sの「ゴールデンコンビ」はこちら。

【斉藤崇史厩舎×M.デムーロ騎手(ラウダシオン)】

 9番人気のラウダシオンで勝利を収めたNHKマイルCが記憶に新しい「斉藤崇史厩舎×M.デムーロ騎手」のコンビ。「直近1年」の成績は1-0-0-2で、馬券絡みはそのNHKマイルCだけだが、当然ながら回収率は単勝=986.7%、複勝=270.0%と強烈な数字になっている。2度の着外は20年七夕賞のリュヌジュージュと20年神戸新聞杯のマンオブスピリットで、「直近1年」では重賞でしかコンビが結成されていない。「ここぞ!」のタイミングでM.デムーロ騎手を据えているのだろう。

 ちなみに「直近5年」では4-3-5-7で、複勝率63.2%、複勝回収率128.9%となっている。複勝率63.2%はC.ルメール騎手の50.0%を大きく上回る圧倒的な数字で、まさに「ゴールデンコンビ」と呼ぶのに相応しいもの。この富士Sはもちろんのこと、菊花賞のマンオブスピリットにも十分な注意を払いたいところだ。

 M.デムーロ騎手は前出の通り、ラウダシオンでNHKマイルCを勝っている。2番手をスッと取り切り、逃げる1番人気のレシステンシアをきっちり交わす競馬で、M.デムーロ騎手の勝負強さが遺憾無く発揮されていた。今回も人気馬が逃げる形になりそうなだけに、NHKマイルCの再現が見られそうだ。