24日、東京競馬場で行われた富士S(3歳上・GII・芝1600m)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の5番人気ヴァンドギャルド(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、2着の3番人気ラウダシオン(牡3、栗東・斉藤崇史厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒4(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に6番人気ケイアイノーテック(牡5、栗東・平田修厩舎)が入った。なお、1番人気サトノアーサー(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)は9着、2番人気スマイルカナ(牝3、美浦・高橋祥泰厩舎)は10着に終わった。

 勝ったヴァンドギャルドは、父ディープインパクト、母スキア、その父Motivatorという血統。これが待望の重賞初制覇となった。また、本馬はこの勝利で11月22日に行われるマイルCSの優先出走権を獲得した。

<富士Sダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます