サウンドキアラがここで始動。得意の京都で重賞4勝目を挙げることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/31(土) スワンS(3歳上・GII・京都芝1400m)

 サウンドキアラ(牝5、栗東・安達昭夫厩舎)は今年、京都金杯、京都牝馬S、阪神牝馬Sで重賞3連勝を飾り、続くヴィクトリアマイルでも2着と好走。5歳にして完全に本格化した。今回は得意の京都。休み明けから勝ち負けの期待が掛かる。鞍上は引き続き松山弘平騎手。

 アドマイヤマーズ(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は昨年の香港マイルなどこれまでマイルGIを3勝。4つ目のタイトル獲得に向け、今年はここから始動する。初の1400mとなるが、実績は最上位。安田記念・6着からの巻き返しを期待したい。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、一昨年のマイルCS覇者ステルヴィオ(牡5、美浦・木村哲也厩舎)、京成杯AHで3着のボンセルヴィーソ(牡6、栗東・池添学厩舎)、前走の朱鷺Sで久々の勝利をあげたカテドラル(牡4、栗東・池添学厩舎)、マイラーズCで2着のベステンダンク(牡8、栗東・安達昭夫厩舎)、武豊騎手と新コンビのアルーシャ(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。