現地時間25日にイタリア・ミラノのサンシーロ競馬場でジョッキークラブ大賞(3歳上・G2・芝2400m・7頭)が行われた。好スタートから先手を取ったM.ミシェル騎手騎乗の4番人気ヴァルデルベ(牡4)が直線入り口で後続を引き離し、道中後方待機から最内を突いて脚を伸ばす1番人気ネリウム(牡3、D.シールゲン騎手)に一旦並ばれるもゴール前で再度伸びてクビ差で優勝した。勝ちタイムは2分36秒1(不良)。中団から外目を通って進出した2番人気レッドヴァードン(セ7、O.ペリエ騎手)が6馬身差の3着。

 ヴァルデルベはドイツ産馬で同国のR.ローネ調教師の管理馬。7月の伊カルロ・ダレッシオ賞(G3・芝2400m)に続く重賞2勝目で、鞍上のM.ミシェル騎手にとっては初のG2制覇となった。