10月19日〜25日の期間では、2019年の関東オークス(JpnII)覇者ラインカリーナ(牝4、美浦・武藤善則厩舎)、2017年兵庫CS(JpnII)覇者タガノディグオ(牡6、栗東・宮徹厩舎)、2019年新潟2歳S(GIII)覇者ウーマンズハート(牝3、栗東・西浦勝一厩舎)と、3頭の重賞勝ち馬がJRAの登録を抹消された。

 ラインカリーナは浦和競馬場、タガノディグオは園田競馬場へ移籍予定。ウーマンズハートはダーレー・ジャパン・ファームで繁殖入りする予定。

 重賞勝ち馬以外では、デビュー3連勝で2019年ヒヤシンスS(L)を制したオーヴァルエース(牡4、美浦・高木登厩舎)、オークス馬シルクプリマドンナの最後の子ラストプリマドンナ(牝5、美浦・和田正一郎厩舎)、ファンディーナの半妹クードメイトル(牝4、栗東・高野友和厩舎)などが抹消されている。

 収得賞金200万円以上の抹消馬一覧は下記のとおり。

10月21日
ギャンブラー
クロンヌデトワール
スピアザゴールド
デルマカシャーサ
トップアスリート
ラインカリーナ

10月22日
アシュリン
アングレーム
ウーマンズハート
カフジバンガード
クードメイトル
ジュンノサップ
タガノディグオ
テイエムリボー
ファンファン
フォリオール
マッタナシ
ユウキビバワンダー

10月23日
アゴベイ
ヴェスティード
オリーブティアラ
キュアン
クインズモモナ
ブラックバッジ
ラストプリマドンナ
リビーリング
ローゼンリッター

10月24日
オーヴァルエース
タガノキトピロ
ヤマニンモンスーン

10月25日
ボヘミアラプソディ