27日、船橋競馬場で行われたクイーンズオーディション(3歳上・牝・準重賞・ダ1600m・1着賞金600万円)は、大外枠から先手を取った本田正重騎手騎乗の1番人気カラースキーム(牝3、大井・渡辺和雄厩舎)が直線入り口で後続を突き放して最後まで粘り切り、最後は3番人気アブソルートクイン(牝4、船橋・米谷康秀厩舎)に1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分42秒3(稍)。

 クビ差の3着には4番人気ペタルーダ(牝6、大井・藤田輝信厩舎)が入った。2番人気チェリーシャクナゲ(牝6、大井・田中正人厩舎)は7着となった。

 勝ったカラースキームは父ゴールドアリュール、母シンフォニーライツ、その父Vindicationという血統。1月の桃花賞に続く準重賞2勝目で、通算成績はこれで6戦4勝。

 本レースの1・2着馬は12月3日に行われるクイーン賞(JpnIII)への優先出走権を獲得した。