31日(土)・1日(日)に行われる新馬戦の出走馬が、29日確定した。

 今週は東京、京都、福島で計10鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

◆10/31(土)
・東京4R(ダ1400m・16頭)
レオンベルガー(牡、C.ルメール・鹿戸雄一、ヘニーヒューズ)…じっくりと乗り込まれ、直前の追い切りでも良い動きを見せた。仕上がりが良さそうで、初戦から期待。

・東京5R(芝1400m・16頭)
アヴェラーレ(牝、C.ルメール・木村哲也、ドゥラメンテ)…母アルビアーノは2015年のスワンSなど重賞2勝。芝コースで追い切られ、5F67秒0で1勝クラス馬と併入した。

・東京6R(ダ1600m・16頭)
アメリカンエール(牡、戸崎圭太・戸田博文、Tapit)…米国産馬。美浦Dコースで追い切られ、5F67秒台で1勝クラス馬と併入。順調に調整が進み、初戦から力を出せそう。

・京都4R(芝1600m・18頭)
ピエトラサンタ(牡、川田将雅・友道康夫、Frankel)…セレクトセールにて2億2680万円で取引された。母マーゴットディドは英GIの勝ち馬。芝コースで追い切られ、6F81秒台をマークした。

アンブレラデート(牝、藤岡康太・角居勝彦、エイシンフラッシュ)…母ダイワスカーレットは2008年の有馬記念などGI・4勝を挙げた名牝。調教の気配は良さそうで、期待が掛かる。

・京都5R(芝2000m・17頭)
クローヴィス(牡、坂井瑠星・矢作芳人、ハーツクライ)…全姉リスグラシューは昨年、宝塚記念、コックスプレート(豪GI)、有馬記念でGI・3連勝を飾り年度代表馬に輝いた。姉と同じ矢作厩舎で調教の動きも良い。素質は高そうだ。

ディープモンスター(牡、武豊・池江泰寿、ディープインパクト)…8月の小倉でデビュー予定だったが、レース直前で競争除外。仕切り直しの一戦となる。CWで追い切られ、4F53秒台で2勝クラス馬に先着している。

◆11/1(日)
・東京4R(芝1800m・13頭)
リエヴェメンテ(牝、川田将雅・萩原清、ドゥラメンテ)…半兄に米GI勝ち馬ヨシダ、半姉に今年のシンザン記念勝ち馬サンクテュエールがいる。坂路で追い切られ、4F53秒台をマークした。

・東京5R(牝・芝1600m・18頭)
アップストリーム(牝、津村明秀・手塚貴久、キングカメハメハ)…母アユサンは2013年の桜花賞馬。坂路で追い切られ、4F54秒台をマーク。また、先週には美浦ウッドでGI馬フィエールマンと併入している。

プレフェリータ(牝、戸崎圭太・萩原清、モーリス)…母レジネッタは2008年の桜花賞馬。芝コースで追い切られ、5F64秒台で新馬らと併入。素軽さ十分で、実戦でも期待できるだろう。

・京都4R(ダ1400m・16頭)
サステナブル(牡、坂井瑠星・長谷川浩大、キズナ)…坂路で追い切られ、4F52秒0、1F12秒2で1勝クラス馬に先着。しっかり負荷をかけた調教が積まれ、態勢は整っている。

・京都5R(芝1400m・18頭)
ビューティフローラ(牝、古川吉洋・宮徹、ミッキーアイル)…ディープインパクト産駒の半兄アレスバローズは北九州記念、CBC賞とスプリント重賞を2勝。坂路で追い切られ、4F52秒台をマークした。

・福島5R(芝2000m・16頭)
マジックビーム(牡、木幡初也・高橋祥泰、エイシンフラッシュ)…母マジックビクトリアはJRA4勝。美浦ウッドで追い切られ、5F67秒台で未勝利馬と併入した。