31日、東京競馬場で行われたアルテミスS(2歳・牝・GIII・芝1600m)は、スタートを決めて好位につけた吉田隼人騎手騎乗の1番人気ソダシ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の2番人気ククナ(牝2、美浦・栗田徹厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に3番人気テンハッピーローズ(牝2、栗東・高柳大輔厩舎)が入った。

 勝ったソダシは、父クロフネ、母ブチコ、その父キングカメハメハという血統。新馬戦、札幌2歳Sに続く無傷の3連勝を飾った。今後は史上初の白毛馬によるJRA・GI制覇の期待がかかることになるだろう。

<アルテミスSダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます