1日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は後方から追い上げてきた5番人気フィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒8(良)。

 さらにクビ差の3着に2番人気クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)が入った。なお、3番人気ダノンキングリー(牡4、美浦・萩原清厩舎)は12着に終わった。

 勝ったアーモンドアイは、父ロードカナロア、母フサイチパンドラ、その父サンデーサイレンスという血統。昨年に続く天皇賞・秋の連覇を果たし、JRA史上初となる芝GI・8勝(桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンC、ドバイターフ、天皇賞・秋2回、ヴィクトリアマイル)の大記録を達成した。