1日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)は、好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気アーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は後方から追い上げてきた5番人気フィエールマン(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒8(良)。

【豆知識】
◆アーモンドアイの芝GI・8勝は日本馬史上初。JRAGI・7勝はシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、キタサンブラックと並び最多タイ。

◆昨年の天皇賞・秋が単勝1.6倍、今年は1.4倍での勝利。ともに単勝1倍台でのJRAGI連覇は1984年・1985年マイルCSのニホンピロウイナー、同年有馬記念のシンボリルドルフに次いで、史上3頭目。

◆単勝140円は、天皇賞・秋勝ち馬の最低オッズを2年連続で更新。勝ち馬以外の単勝最低オッズは1998年サイレンススズカの1.2倍。

◆牝馬の牡牝混合GI制覇は今年6回目(出走機会8戦)。2008年の5回を抜いて年間最多勝記録を更新。アーモンドアイのほか、モズスーパーフレアが高松宮記念、ラッキーライラックが大阪杯、クロノジェネシスが宝塚記念、グランアレグリアが安田記念・スプリンターズSを制覇。

◆関東馬の天皇賞・秋ワンツーは2004年のゼンノロブロイ、ダンスインザムード(ともに藤沢和雄厩舎)以来16年ぶり。

◆C.ルメール騎手は2018年天皇賞・秋(レイデオロ)から天皇賞5連覇。

※データは注記のあるものを除き1984年以降。