1日、香港のシャティン競馬場で行われたG3・ササレディースパース(3歳上・芝1800m・12頭立て・ハンデ)は、後方から追い込んだ2番人気フローレ(セ6、J.モレイラ騎手、55.5kg)が、好位から脚を伸ばした1番人気エグザルタント(セ6、Z.パートン騎手、60.5kg)に1.1/4馬身差をつけての差し切り勝ちを収めた。勝ちタイムは1分45秒91(良)。

 さらにクビ差の3着には、最後方の大外から追い込んだ3番人気ダンシズウィズドラゴン(セ7、M.ユン騎手、53.0kg)が入った。

 フローレは父Pierro、母Stormy Choice、母の父Redoute's Choiceという血統。香港のA.クルーズ厩舎の管理馬。昨年の香港二冠馬で、香港ダービーを制して以来の勝利となった。国際格付けを持つ競走はこれが初勝利。通算成績は24戦7勝。

 エグザルタントは父Teofilo、母Contrary、母の父Mark of Esteemという血統。フローレと同じくA.クルーズ厩舎の管理馬。通算成績は30戦13勝。前走のチャンピオンズ&チャターC、2018年香港ヴァーズなどG1・5勝をあげている。