31日、東京競馬場で行われたアルテミスS(2歳・牝・GIII・芝1600m)は、スタートを決めて好位につけた吉田隼人騎手騎乗の1番人気ソダシ(牝2、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の2番人気ククナ(牝2、美浦・栗田徹厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒9(良)。

 同レースの売り上げは29億7498万5500円で、リアアメリアが優勝した昨年の25億6759万8700円より増加となった。