8日、金沢競馬場で行われた第68回北國王冠(3歳上・重賞・ダ2600m・1着賞金700万円)は、中団追走から2周目スタンド前で先頭に立った繁田健一騎手騎乗の3番人気スギノグローアップ(牡7、大井・福永敏厩舎)が、最後の直線で一旦は1番人気タガノゴールド(牡9、兵庫・新子雅司厩舎)に並ばれたものの、これを差し返して優勝した。勝ちタイムは2分51秒1(重)。

 タガノゴールドはアタマ差で2着。さらに5馬身差の3着に2番人気アッキー(牝7、川崎・林隆之厩舎)が入った。

 勝ったスギノグローアップは、父マンハッタンカフェ、母シャイニングピアス、その父ブライアンズタイムという血統。通算成績はこれで49戦8勝(重賞1勝)。

※2着のタガノゴールドはゴール入線後に倒れたため、後検量を省略して確定した。