ローカルのハンデ戦らしく混戦模様のメンバー構成となった。制するのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■11/15(日) 福島記念(3歳上・GIII・福島芝2000m)

 アドマイヤジャスタ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は今年の函館記念を15番人気で勝利。苦戦続きから一気の変わり身を見せ、重賞初制覇を飾った。今回は札幌記念・10着以来の休み明け。初めてコンビを組む富田暁騎手を背に重賞2勝目を狙う。

 デンコウアンジュ(牝7、栗東・荒川義之厩舎)は今年の愛知杯などこれまで重賞3勝。福島でも昨年の福島牝馬Sを勝っておりコース適性は見せている。今回は6か月半ぶりの実戦となるが古豪の意地を見せ付けることができるか。鞍上は柴田善臣騎手。

 その他、今年の福島民報杯勝ち馬マイネルサーパス(牡4、美浦・高木登厩舎)、エプソムCの3着馬トーラスジェミニ(牡4、美浦・小桧山悟厩舎)、今年の中山金杯で2着のウインイクシード(牡6、美浦・鈴木伸尋厩舎)、抽選対象も、七夕賞3着などがある福島巧者ヴァンケドミンゴ(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時20分。