10月17日の紫菊賞(1勝クラス)を制したヨーホーレイク(牡2、栗東・友道康夫厩舎)は、武豊騎手とのコンビで、12月26日に中山競馬場で行われるホープフルS(2歳・GI・芝2000m)へ向かうことがわかった。

 ヨーホーレイクは父ディープインパクト、母クロウキャニオン、その父フレンチデピュティ。2013年弥生賞覇者カミノタサハラなど、全兄に5頭のJRA重賞連対馬がいる血統。

 阪神芝1800mの新馬戦を武豊騎手とのコンビで勝利。前走の紫菊賞は福永祐一騎手とのコンビだった。通算成績は2戦2勝。

 武豊騎手はJRAGI完全制覇へ、残るは朝日杯FSとホープフルSの2レースとなっている。※ホープフルS前身のラジオNIKKEI(たんぱ)杯は4勝。