14日、阪神競馬場で行われた京都ジャンプS(3歳上・JGIII・障害3140m)は、ハナを切って各障害をクリアしていった平沢健治騎手騎乗の2番人気タガノエスプレッソ(牡8、栗東・五十嵐忠男厩舎)が、最後の直線で後続を振り切って、2着の4番人気ブライトクォーツ(牡6、栗東・荒川義之厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分29秒6(良)。

 障害レース13連勝中、単勝オッズ1.1倍だった絶対王者オジュウチョウサン(牡9、美浦・和田正一郎厩舎)は、最後の3〜4コーナーでタガノエスプレッソに並びかけたものの、直線で伸びきれず3着となった。

 勝ったタガノエスプレッソは、父ブラックタイド、母タガノレヴェントン、その父キングカメハメハという血統。前走の阪神ジャンプSに続く重賞連勝を飾った。