15日、福島競馬場で行われた福島記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、中団の内でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の2番人気バイオスパーク(牡5、栗東・浜田多実雄厩舎)が、直線で各馬を差し切り、外から追い上げてきた1番人気ヴァンケドミンゴ(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。

 さらに1馬身差の3着に5番人気テリトーリアル(牡6、栗東・西浦勝一厩舎)が入った。なお、3番人気マイネルサーパス(牡4、美浦・高木登厩舎)は9着に終わった。

 勝ったバイオスパークは、父オルフェーヴル、母ナナヨーティアラ、その父マイネルラヴという血統で、これが重賞初制覇。また、鞍上の池添謙一騎手は史上6人目となるJRA全10場重賞制覇を達成した。

<福島記念ダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます