14日、阪神競馬場で行われたデイリー杯2歳S(2歳・GII・芝1600m)は、中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の1番人気レッドベルオーブ(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線で最内を突いて、2番手追走から一旦先頭に立った2番人気ホウオウアマゾン(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)との競り合いを制し優勝した。勝ちタイムは1分32秒4(良、2歳コースレコード)。

 同レースの売り上げは22億4494万6500円で、レッドベルオーブの全兄レッドベルジュールが優勝した昨年の22億7814万4600円より減少となった。