12月13日に香港のシャティン競馬場で行われる香港C(3歳上・G1・芝2000m)に招待されていたクロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)は、これを辞退し、引き続き北村友一騎手とのコンビで12月27日に中山競馬場で行われる有馬記念(3歳上・GI・芝2500m)に向かう。18日、所属するサンデーレーシングのホームページで発表された。

 クロノジェネシスは父バゴ、母クロノロジスト、その父クロフネという血統で、半姉に昨年のヴィクトリアマイル優勝馬ノームコアがいる。昨年の秋華賞、レース史上最大着差で制した今年の宝塚記念など、通算成績は12戦6勝。前走の天皇賞・秋(3歳上・GI・芝2000m)ではアーモンドアイの3着だった。