21日(土)・22日(日)・23(祝・月)に行われる新馬戦の出走馬が、19日確定した。

 今週は東京、阪神で計11鞍の新馬戦が組まれている。主な出走馬は以下の通り。

◆11/21(土)
・東京4R(ダ1400m・16頭)
フロムディスタンス(牡、田辺裕信・大竹正博、ヘニーヒューズ)…半兄モズベッロ今年の日経新春杯を制している。父がヘニーヒューズの分ダートの短距離向きと思われ、条件的に期待が掛かる。

・東京5R(牝・芝1600m・18頭)
エンピレオ(牝、M.デムーロ・菊沢隆徳、ロードカナロア)…半姉のレッドアネモスは今年のクイーンSを勝った。順調に乗り込まれていて動きも良く初戦から期待が掛かる。

・阪神5R(芝1600m・8頭)
ケイアイシェルビー(牡、武豊・平田修、ディープインパクト)…全兄のケイアイノーテックは一昨年のNHKマイルCを勝った。順調に乗り込まれ仕上がりが良さそう。

レゾンドゥスリール(牡、川田将雅・須貝尚介、ハーツクライ)…母ローブティサージュは2012年の阪神ジュベナイルFを勝った。じっくりと乗り込まれ順調に仕上がっている。

・阪神6R(ダ1200m・16頭)
ルシャリーブル(牝、和田竜二・鈴木孝志、ディスクリートキャット)…母マリカは短距離ダートで4勝。順調に乗り込まれ、追い切りは栗東坂路でラスト1ハロン12.6秒と軽快な動きを見せた。

◆11/22(日)
・東京5R(芝2000m・11頭)
アルビージャ(牡、三浦皇成・手塚貴久、モーリス)…母アロマティコは芝中距離でオープン勝ちを含む6勝を挙げた。いったん放牧に出たが、入厩後は順調の乗り込まれ動きも良くなってきている。

・東京6R(ダ1600m・16頭)
オジョウサン(牝、藤田菜七子・根本康広、ジャスタウェイ)…半兄エスポワールシチーはGI、JpnIを含め10勝を挙げた。調教ではまだ目立たないようだが、実戦に行って変わり身があっても良いだろう。

・阪神5R(芝2000m・8頭)
エイカイロイヤル(牡、武豊・藤原英昭、ディープインパクト)…全兄トーセンカンビーナは今年の阪神大賞典で2着。順調に乗り込まれ、動ける態勢は整っている。

・阪神6R(ダ1800m・12頭)
サンベリーナ(牝、藤岡康太・羽月友彦、ヘニーヒューズ)…半兄インカンテーションはGIには手が届かなかったが、武蔵野Sなど重賞6勝を挙げる活躍を見せた。順調に乗り込まれ、仕上がりは良さそう。

◆11/23(祝・月)
・東京5R(芝1800m・13頭)
グランワルツ(牝、C.ルメール・国枝栄、ロードカナロア)…母バウンスシャッセはフラワーCなど重賞3勝。調教の動きも良く初戦から期待できそうだ。

・東京6R(芝1400m・18頭)
オンラインドリーム(牝、武豊・武幸四郎、Frankel)…母Danedreamは凱旋門賞、キングジョージなど欧州でG1を4勝。父Frankelとの豪華配合だ。順調の乗り込まれていて注目が集まる。

・阪神5R(芝1200m・12頭)
ゲンパチミーティア(牡、坂井瑠星・矢作芳人、ロードカナロア)…調教の動きが良く、追い切りも栗東坂路で4F51.9秒、ラスト1ハロン12.8秒をマーク。初戦から動けそうだ。