グランアレグリアにとっては、厳しいレースになった。

 速いスタートから楽に好位につけたところまではよかったが、すぐ外には、対戦成績3戦2敗のアドマイヤマーズがいた。

「別のジョッキーは1番人気の馬をマークする」と話したグランアレグリアのクリストフ・ルメールとしては、ずっと併せた形で行くのは避けたかったところだろう。3コーナーを回りながら少し下げ、アドマイヤマーズを左斜め前に見る位置で半マイルを通過した。

「ずっとリラックスして、冷静に走ることができました」とルメール。

 ようやく外に強敵がいなくなったと思ったら、今度は福永祐一のインディチャンプが外を塞ぐように並びかけてきた。

 そのまま4コーナーを回ったが、直線入口で、手応えのよかったインディチャンプはグランアレグリアから離れ、馬場の真ん中に持ち出してスパートしていく。

 それでも、グランアレグリアの目の前にはアドマイヤマーズがいて、進路がクリアになっていない。さらに、インディチャンプも壁となって立ちはだかっている。

「いいタイミングで外に出せなかったけど、我慢しました」

 そう振り返ったルメールは、まず内を突こうとしたように見えたが、前のアドマイヤマーズが内にモタれると、外へと進路を切り替えた。

 ラスト200mを切ったところで、ようやく外に持ち出すことができた。

「グランアレグリアは瞬発力がありますので、スペースができてからすごくいい脚を使ってくれました。直線ではちょっとだけ心配しましたけど、最後は強さを見せてくれました」とルメール。

 前がひらけてからのグランアレグリアの伸びは凄まじかった。

 インディチャンプの外に並びかけたと思ったら、瞬時にかわし、3/4差をつけて先頭でゴールを駆け抜けた。

 マイルとスプリントの2階級制覇につづき、今度は春秋マイルGI制覇。圧巻の強さを見せた女王の成長曲線は、今なお右肩上がりであることを感じさせられた。

(文:島田明宏)