23日、高知10Rでモルトベーネ(牡8、高知・打越勇児厩舎)が1着となり、騎乗していた赤岡修次騎手が地方通算4000勝をあげた。18386戦目での達成。史上13人目、現役では8人目。

(赤岡修次騎手のコメント)
「無事に4000勝達成できました。今年は14年連続200勝と4000勝も近かったので、無事に早く達成できて良かったです。4000勝は続けていれば達成できそうなところまできていたので、まぁやっぱり今年は14年連続200勝、これが一番うれしかったです。ありがとうございました」

 1977年3月15日生まれ、高知県出身。1994年9月29日高知2Rでデビュー(サファリジェム)、同年10月16日高知5Rで初勝利(パリスドラゴン)。2006年から高知競馬リーディングを9年連続で獲得。1996年に日本プロスポーツ大賞地方競馬部門の新人賞、2018年に同大賞の功労賞、2009〜2012年にNAR最優秀勝率騎手賞を受賞。

(高知県競馬組合のリリースより)