netkeibaデータベースのリニューアルにより加わった「データ分析」から興味深い数値を紹介します。「データ分析」では騎手と調教師の相性も一目瞭然。「直近1年」「直近5年」「通算」のコンビ実績を調べることができます。「データ分析」から浮かび上がった有馬記念の「ゴールデンコンビ」はこちら。

【松永幹夫厩舎×福永祐一騎手(ラッキーライラック)】

「松永幹夫厩舎×福永祐一騎手」の「直近5年」成績は7-9-7-20で複勝率53.5%、複勝回収率101.6%。「直近1年」に絞ると4-2-1-5で複勝率58.3%、複勝回収率120.0%で、僅かながら成績がアップしている。それほどタッグを組んでいる印象は無いかもしれないが、5年前から一貫して好成績をキープしている「ゴールデンコンビ」だ。最近では、20年NHKマイルCを6番人気のギルデッドミラーで3着と好走している。

 今年のGI戦線は、ルメール騎手のお手馬が被ることで乗り替わりが生じるケースが多く、いかに上位騎手、手が合う騎手を確保できるかが重要。ラッキーライラックも前走ルメール騎手からの乗り替わりとなるが、「ゴールデンコンビ」とも言える福永祐一騎手を確保できたのは陣営にとって僥倖だろう。

 福永祐一騎手はラッキーライラックに初騎乗。アーモンドアイの好敵手として一線級で戦い続けたラッキーライラックもここがラストランとなる。父オルフェーヴルが8馬身差で引退レースを飾った有馬記念から7年。孝行娘も父が辿った引退の花道を飾る可能性は十分だ。