12/26(土)は中山・阪神の2場開催。25日正午の馬場発表は2場いずれも芝・ダートともに良。26日の天気は2場ともに晴れの予報となっている。

■2歳の中距離GI・ホープフルS
 中山11Rは芝2000mのホープフルS。アイビーSを制した良血馬オーソクレース、新馬と紫菊賞を連勝のヨーホーレイク、新馬と芙蓉Sを連勝のランドオブリバティ、久々の東スポ杯2歳Sを人気に応えて制したダノンザキッド、ロジユニヴァース半弟のドゥラメンテ産駒アドマイヤザーゲ、リステッドの萩Sを勝利したシュヴァリエローズなどが参戦。

■中山大障害にタガノエスプレッソなど
 中山10Rは障害4100mの中山大障害(JGI)。京都ジャンプSでオジュウチョウサンを破ったタガノエスプレッソ、同レースで2着のブライトクォーツ、今年の中山グランドジャンプで2着のメイショウダッサイ、昨年1番人気でセン馬となったシンキングダンサーらが出走する。

■阪神Cにインディチャンプ出走
 阪神11Rは芝1400mの阪神C(GII)。1着賞金6700万円と高額のGIIで、GI・2勝馬インディチャンプが久日の1400mに出走するほか、GI馬ステルヴィオ、今年重賞3勝のサウンドキアラ、京阪杯を勝利したフィアーノロマーノ、重賞2勝の3歳牝馬マルターズディオサらが出走する。

■阪神でYJSファイナルラウンド
 阪神7Rと9Rで、ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド阪神の2戦が行われる。1戦目は芝1600mで、第2戦はダート1800m。24日のファイナルラウンド園田終了時点でのトップ3は、細川智史騎手(愛知)、仲原大生騎手(大井)、吉井章(大井)騎手となっている。

■阪神4Rでマジックタイム初仔らがデビュー
 阪神4Rは芝1800mの2歳新馬戦。重賞2勝を挙げたマジックタイムの仔でモーリス産駒の牡馬アメイジングタイム、重賞3勝のスティッフェリオの半弟でオルフェーヴル産駒のリオンドール、先日のターコイズSで2着となったアンドラステの半弟となるドゥラメンテ産駒ヴァリアメンテらが初陣。

■阪神10Rでシルヴェリオが3連勝なるか
 阪神10Rは芝2000mの元町S(3勝クラス)。シルバーステートの半弟シルヴェリオが条件戦3連勝を狙う。鞍上は8馬身差で圧勝した前走に続き松山弘平騎手。他にも、ローズSで2着のムジカ、前走3着のコディーノ全弟ヴァンランディなど。

■有馬記念と同舞台のグレイトフルS
 中山12RはグレイトフルS(3勝クラス)。翌日の有馬記念と同じ芝2500mで行われるハンデ戦で、エリザベス女王杯で6着のソフトフルート、前走で2勝クラスを突破した高額馬ブラックマジック、白毛のシロニイらがオープン入りを狙う。

■高知で2歳重賞・金の鞍賞
 高知競馬場では17時10分に、ダート1400mの2歳重賞・金の鞍賞が行われる。10年前は1着賞金27万円だったのが、今年は500万円にまで上がっている。黒潮ジュニアチャンピオンシップを制したハルノインパクト、転入後無傷3連勝のアスルノーヴァ、他場の重賞でも好走した牝馬スターフェネックなど。

■柴田大知騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 柴田大知騎手はJRA通算500勝まであと1勝で、本日は中山で5鞍に騎乗。津村明秀騎手はJRA通算500勝まであと1勝で、本日は中山で5鞍に騎乗する。