中央競馬の1年を締めくくる大一番。天皇賞・秋の3歳馬解放、あるいはジャパンCの創設によって微妙に性格が変わってはきたが、これまで多くの名勝負が生まれてきた。

 定量戦で行われるGI競走だけに1〜3番人気馬は8勝2着4回3着5回。1番人気馬に限っても5勝2着2回3着1回と堅調傾向だ。年齢別では3歳馬が5勝で5歳馬が4勝。6歳以上は19年シュヴァルグランの3着が最高で、連対の対象にはなっていない。ローテーション的には菊花賞組が4勝。ジャパンC組は3勝で、15年ゴールドアクターは、アルゼンチン共和国杯をステップレースに挑んできた。

 ただし5勝をあげている3歳馬のうち4頭までがGI勝ちを経験している馬で、例外はダービー5着、菊花賞4着の18年ブラストワンピースのみだ。

 ◎ラッキーライラックは、アーモンドアイ世代の最優秀2歳牝馬。桜花賞2着、オークス3着とクラシック路線では最強牝馬の軍門に下ったが、それでもエリザベス女王杯2連覇で、今春の大阪杯ではクロノジェネシスに競り勝っている。中山競馬場は中山記念に2回出走し2着2回。どんな位置からでも競馬ができるのが強みで、コーナーリングも巧みにインコースに潜り込むこともできる。溜めて瞬発力を引き出すこともできるし、前走のように良い脚を長く使うこともできる。福永騎手がどのように乗るかも興味深い。

 ○クロノジェネシスはヴィクトリアマイルをレコード勝ちし、香港Cで世界の強豪を打ち破ったノームコアの半妹。デビュー当初は瞬発力を生かすような競馬をして桜花賞3着、オークス3着。馬体重20キロ増で挑んだ秋華賞では瞬発力を捨てて力でライバルたちをねじ伏せた。ラッキーライラック同様にどんな位置からでも競馬ができるのが強みで、最後は必ず脚を伸ばしてくる。唯一、馬券圏内から外れたエリザベス女王杯も2着馬とはコンマ1秒差だった。

 一昨年の覇者▲ブラストワンピースは中山競馬場2戦2勝。凱旋門賞からの帰国初戦となったアメリカJCCを快勝したときはさらなるスケールアップを予感させたが、その後は大阪杯7着、宝塚記念16着、天皇賞・秋11着と精彩を欠いている。ただし、大阪杯は外をまわらされる不利があり、宝塚記念は馬場に持ち味を殺され、天皇賞・秋はデビュー以来の最高体重。色々と注文が付くタイプであることは間違いなさそうだが、条件が整えば怖い1頭だ。

 GI3勝で、ルメール騎手が手綱を取る△フィエールマンも当然有力な候補だ。前走の天皇賞・秋を含め、ほとんどのレースで最速の上がりタイムを繰り出しているが、直線の短いコースよりは大きな競馬場を得意としている。コーナーを6回まわり、直線の短いコースで、どんな競馬をしてくるのかにも注目したい。

 ジャパンCでは果敢に勝ちに行く競馬で見せ場をつくった△カレンブーケドールは機動力が武器だ。まだ重賞勝ちはないもののGI競走で2着3回。中山競馬場は初勝利を飾った縁起のよいコースで、オールカマー2着、紫苑S3着。距離に不安もなく、むしろこの舞台は適している印象だ。

 菊花賞馬で昨年の3着馬△ワールドプレミアは、ジャパンCを使われた上積みが期待できる。はまれば怖い末脚の持ち主だ。最後にエリザベス女王杯で復活の兆しが見えた△ラヴズオンリーユーの名前をあげておきたい。
---
有馬記念予想特集にて予想が見られる500ptを全員にプレゼント中! 週末には歌舞伎俳優の尾上松也さんやお笑い芸人の千鳥ノブさんら芸能人が勝負予想を公開! 以下よりぜひご覧ください。