26日、中山競馬場で行われたホープフルS(2歳・牡牝・GI・芝2000m)は、好位でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンザキッド(牡2、栗東・安田隆行厩舎)が、直線に入って抜け出し、内で脚を伸ばした3番人気オーソクレース(牡2、美浦・久保田貴士厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒8(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気ヨーホーレイク(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、2番人気ランドオブリバティ(牡2、美浦・鹿戸雄一厩舎)は4コーナーで外に逃避し鞍上の三浦皇成騎手が落馬、競走を中止した。

 勝ったダノンザキッドは、父ジャスタウェイ、母エピックラヴ、その父Dansiliという血統。新馬戦、東京スポーツ杯2歳Sに続く無傷の3連勝で見事GI制覇を果たした。鞍上の川田将雅騎手は朝日杯FSに続く2週連続のGI制覇となった。

<ホープフルSダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます