26日、阪神競馬場で行われた阪神C(3歳上・GII・芝1400m)は、好位でレースを進めた藤岡佑介騎手騎乗の4番人気ダノンファンタジー(牝4、栗東・中内田充正厩舎)が、直線に入って抜け出し、2着の6番人気マルターズディオサ(牝3、美浦・手塚貴久厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分19秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気インディチャンプ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、3番人気フィアーノロマーノ(牡6、栗東・高野友和厩舎)は9着、2番人気ステルヴィオ(牡5、美浦・木村哲也厩舎)は12着に終わった。

 勝ったダノンファンタジーは、父ディープインパクト、母ライフフォーセール、その父Not For Saleという血統。昨年9月のローズS以来となる重賞5勝目を挙げた。