26日、高知競馬場で行われた第42回金の鞍賞(2歳・重賞・ダ1400m・1着賞金500万円)は、中団でレースを進めた岡村卓弥騎手騎乗の2番人気ブラックマンバ(牡2、高知・別府真司厩舎)が、3〜4コーナーで前に取りついて直線で抜け出し、2着の1番人気ハルノインパクト(牡2、高知・宮路洋一厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒9(重)。

 さらに2馬身差の3着に10番人気ダイヤマリー(牡2、高知・中西達也厩舎)が入った。なお、3番人気トーセンジェイク(牡2、高知・松木啓助厩舎)は5着に終わった。

 勝ったブラックマンバは、父ダノンレジェンド、母プリンセスボーラー、その父メイショウボーラーという血統。通算成績はこれで10戦3勝(重賞1勝)。