27日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・18頭)は、中団の前でレースを進めた武豊騎手騎乗の4番人気ホウオウサンデー(牡2、美浦・奥村武厩舎)が、押し切りを図る1番人気ルナベイル(牝2、美浦・藤沢和雄厩舎)を直線で捕らえ、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分6秒3(良)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に16番人気セブンデイズ(牡2、美浦・田中博康厩舎)が入った。なお、3番人気ベルウッドエオ(牡2、美浦・高橋文雅厩舎)は4着、2番人気クリスタルハート(牝2、栗東・清水久詞厩舎)は12着に終わった。

 勝ったホウオウサンデーは、父キングカメハメハ、母サンデースマイルII、その父サンデーサイレンスという血統。半兄に2015年のチャレンジCを勝ったフルーキーがいる。