2021年最初のJRA重賞・中山金杯はディープボンドに注目したい。重賞2勝目なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/5(火) 中山金杯(4歳上・GIII・中山芝2000m)

 ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)は昨年の京都新聞杯覇者で、その後も日本ダービーで5着、菊花賞では4着とクラシック路線で上位の走りをしてきた。先行力があり、距離短縮は良さそう。年明け初戦を勝利で飾ることができるか。鞍上は和田竜二騎手。

 バイオスパーク(牡6、栗東・浜田多実雄厩舎)は前走の福島記念で接戦をものにして重賞初制覇を飾った。今回は初の中山コースとなるが、コーナー4回の2000mを得意としておりこなせて良いだろう。重賞連勝を期待したい。鞍上は池添謙一騎手。

 その他、昨年の共同通信杯を勝った英国産馬ダーリントンホール(牡4、美浦・木村哲也厩舎)、2・3勝クラス連勝のヒシイグアス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)、福島記念で2着のヴァンケドミンゴ(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)、昨年の2着馬ウインイクシード(牡7、美浦・鈴木伸尋厩舎)、重賞3勝のカデナ(牡7、栗東・中竹和也厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。