26日、中山競馬場で行われたホープフルS(2歳・牡牝・GI・芝2000m)は、好位でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気ダノンザキッド(牡2、栗東・安田隆行厩舎)が、直線に入って抜け出し、内で脚を伸ばした3番人気オーソクレース(牡2、美浦・久保田貴士厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒8(良)。

 同レースの売り上げは80億3759万8800円で、コントレイルが優勝した昨年の142億7816万7700円より減少となった。なお、昨年はJRA最終週における単独重賞開催で、今年は同節内に有馬記念・阪神C・中山大障害が開催されていた。