5日、中山競馬場で行われた第70回中山金杯(4歳上・GIII・芝2000m)は、中団前でレースを進めた松山弘平騎手騎乗の1番人気ヒシイグアス(牡5、美浦・堀宣行厩舎)が、直線で外から前の各馬を差し切り、内から迫った5番人気ココロノトウダイ(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)をクビ差振り切って優勝した。勝ちタイムは2分0秒9(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に11番人気ウインイクシード(牡7、美浦・鈴木伸尋厩舎)が入った。なお、3番人気テリトーリアル(牡7、栗東・西浦勝一厩舎)は6着、2番人気ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)は14着に終わった。

 勝ったヒシイグアスは、父ハーツクライ、母ラリズ、その父Bernsteinという血統。2・3勝クラスに続く3連勝で、重賞初制覇を飾った。

<中山金杯ダイジェスト>


スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます