5日、中京競馬場で行われた京都金杯(4歳上・GIII・芝1600m・16頭)は、好位のインでレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の12番人気ケイデンスコール(牡5、栗東・安田隆行厩舎)が、中団から伸びた2番人気ピースワンパラディ(牡5、美浦・大竹正博厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒1(良)。

 さらに1馬身差の3着に逃げ粘った14番人気エントシャイデン(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、1番人気のシュリ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)は5着、3番人気のレッドガラン(牡6、栗東・安田隆行厩舎)は6着に終わった。

 勝ったケイデンスコールは、父ロードカナロア、母インダクティ、その父ハーツクライという血統。昨年のNHKマイルC2着以来不振が続いていたが、ここで復活し重賞2勝目を挙げた。