9日、中京1Rで行われた3歳未勝利(ダ1800m・16頭)は、後方でレースを進めた亀田温心騎手騎乗の16番人気グリームエース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)が大外から鋭く脚を伸ばすと、好位から一旦は先頭に立った7番人気リリーマイウェー(牡3、栗東・池添兼雄厩舎)を差し切り、1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分55秒6(良)。

 リリーマイウェーから1.1/2馬身差の3着は3番人気サワヤカコーズサン(牡3、栗東・西橋豊治厩舎)。1番人気メイショウストーム(セ3、栗東・松永昌博厩舎)は8着に敗れ、3連単は494万5540円の波乱となった。

 グリームエースは父キズナ、母ベガグレシヤス、母の父アドマイヤドンという血統。前走の2歳未勝利(中山ダ1800m)がダート初挑戦で10着だった。

 グリームエースの単勝オッズは256.0倍で、2021年最初の単勝万馬券となった。