9日、中京競馬場6Rで行われた新馬戦(3歳・芝1600m・16頭)は、スタートを決めて好位につけた松若風馬騎手騎乗の2番人気デルマセイシ(牝3、栗東・音無秀孝厩舎)が、直線で先頭に立って、最後は外から追い上げてきた8番人気イフィゲニア(牝3、栗東・角田晃一厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒2(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に13番人気セイレーン(牝3、栗東・佐々木晶三厩舎)が入った。なお、1番人気ロードトランス(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)は6着、3番人気ギャラントマナー(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は8着に終わった。

 勝ったデルマセイシは、父エイシンフラッシュ、母クラウンプリンセス、その父スペシャルウィークという血統。